整っている介護実習生受け入れ

監理団体が海外の送出し機関と提携

介護関連の情報サイトへこの度はアクセスいただき誠にありがとうございます。
整っている介護実習生受け入れ」に介護実習生受け入れについて探しているならお任せください。

 

国が定めている制度の外国人技能実習制度におきましては、日本の公的な援助や指導を受けた協同組合、また商工会などの団体と企業様とが一緒に技能実習を行う「団体監理型」、そして企業が単独で外国人の受入を行う「企業単独型」の2種類のタイプに分けることが出来ます。

 

このような組合におきましては、人材の確保から入国に係る数々な手続き、さらに基礎的な日本語教育等事務的な手続き全般を組合で実施することによって、企業は実習そのものに集中することが出来るようになります。

 

「企業単独型」においての受入れというのは、企業自身が資本関係を持つ海外の子会社や合弁会社などで働く従業員様に対し、日本国内で実習を実施するための制度となりますので、受入れに関係する全ての事務作業を企業自身で行わなければいけません。

 

また、海外の送出し機関と監理団体(協同組合)が提携を結ぶことにより、海外に拠点を持っていない企業でも外国人の受入れを行っていただくことが出来る制度なのです。

 

「団体監理型」での受入れというのは、受入れを実施している国との複雑で手間のある手続き(人員の募集や入国に必要な資料の収集他)を組合のような「監理団体」によって、海外の信頼することの出来る「送出し機関」と提携すしています。